02/24 第5章 :3)遊女のくちびるは蜜をしたたらせ、その言葉は油よりもなめらかである。
02/24 第5章 :4)しかしついには、彼女はにがよもぎのように苦く、もろ刃のつるぎのように鋭くなる。
02/24 第5章 :5)その足は死に下り、その歩みは陰府の道におもむく。
02/24 第5章 :6)彼女はいのちの道に心をとめず、その道は人を迷わすが、彼女はそれを知らない。