鷲神社 社殿の柱には昇り龍、降り龍、社殿四面には絵柄が彫り込まれています。
これらの彫刻は、微細で作成の労苦がにじんでいます。
この社殿は1844年(天保15年) 近隣の村々から奉納金を募って建立されたものです。
境内には、推定樹齢1000年のケヤキの大木があります。
▲戻る